OFuTon Blog

MMD動画についてお話しようかなと思って

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

M4Layerでスカイドームを合成する


M4Layerで空を作ってみます!

M4Layerというエフェクトを使い、スカイドームを合成する講座です。
このやり方でカムパネルラのこういう空とか、
blog駅png

こんな夕陽も作ることが出来ます。
yuuhi.png

What Makes You Beautifulに至ってはすべてスカイドーム合成です。


以前にTwitterで軽く説明したこともあるのですが、いろいろ端折って分かりにくくなってしまったのでこちらで詳しくやってみます。

作るのはこの空!
上に貼った動画で使ったものですが、コメントで一番評価が高かった気がする空です。

sd解説0

① M4Layerを用意
いろいろ長々と説明してしまいましたが
既に使い方を知っている方にとっては邪魔になってしまうと思ったので、

別記事に分けました。


② スカイドームを用意



配布されているスカイドームをいくつか用意。

今回はussy様の「スカイドーム03配布データ」、
ゆづき様の「スカイドームっぽいなにか」、
額田倫太郎様の「スカイドーム2L」から使わせて頂きます。

いつもありがとうございます!


③ ベースのスカイドームを読み込む
sd解説1

Ussy様のスカイドーム、「dome323.x」。
綺麗な青空です。この上に他のスカイドームを重ねていくイメージです。


④ 星空のスカイドームを読み込む
sd解説2

こちらはゆづき様のスカイドーム、「y_sd01_AL.x」。
そのまま読み込むと、青空のスカイドームが隠れてしまいます。

ここで「アクセサリ操作」で、星空スカイドームを加算にします。
四角の「加算」のところを押して青色にしてください。


sd解説3

分かりにくいかもしれませんが、キラキラですね。
加算することで黒の部分が描画されなくなるため、このように明るい部分だけが青空に光っているようにみえます。

青空や夕焼けのスカイドームに、星空系のスカイドームを「加算」で重ねるだけでも綺麗になります。M4Layerが使えない、よく分からない場合はこれだけでも試してみてください。



⑤ もう一枚スカイドームを読み込む
sd解説3

額田倫太郎様のスカイドーム、「天使の階梯.x」です。これを読み込んだ状態が上の画像。

あれ?なにも変わってない?
ちょっと(かなり)カメラを引いてみます。

sd解説4

見えました。灰色のドーナツが、いま読み込んだスカイドーム「天使の階梯.x」です。
描画順とスカイドームの大きさが噛みあっていないと起こる現象です。

きちんと描画させるためには、
「一番手前に重なっているスカイドームが一番小さく、一番奥にあるスカイドームが一番大きい」状態にする必要があります。



⑥ スカイドームの描画順・大きさを調整

※要するにこういうこと
skydome大きさ図説

MMDに先に読み込んだアクセサリほど奥に、あとから読み込んだアクセサリほど手前に表示されることになっていますが、描画順は編集できるのでそこで編集します。

「背景」の「アクセサリ編集」からアクセサリ描画順を操作できます。

※そもそも描画順とか「奥」とか「手前」ってなんぞや?という方へ
  skydomeアクセ順
こういうことです。
アクセサリの位置をカチカチ調整できるので、とりあえず並べ替えてこの順番にしてください。


  ベースの空=一番大きくして、一番奥に置く
  重ねる空1=二番目に大きくして、奥から二番目に置く
  重ねる空2=三番目に大きくして、奥から三番目に置く
  …最後に重ねる空=一番小さくして、一番手前に置く

↑ということなので、「表示がおかしいな?」と思ったら確認してみるといいかなと思います。


今回は、加算する星空が一番手前にくる必要があります。
星空を一番小さく、一番手前にしなければなりません。

sd解説5

こうなりました。
さっきは穴が開いていた部分がほんのり煌めいている。=成功です

次に大きさを変更します。
今回は大きさを弄ること必要なく綺麗に表示できているのですが、
星空が少し小さすぎてカメラがはみでてしまいそうなので、サイズを大きくしようと思います。
「アクセサリ編集」の「Si」の欄に3.0と入力して登録。

sd解説6

大きさが3倍になりました。それでもまだ、3つのスカイドームの中では一番小さいのでOK!
(大きさを分かりやすく確認するために加算を取り消したので、黒くなっています。確認を終えたらまた加算にします)

カメラを戻します。

sd解説7

今度は青空が見えなくなってしまっていますが、「一番手前にあるスカイドームが一番小さく、一番奥にあるスカイドームが一番大きい」状態が守れていれば問題ありません。M4Layerを読み込むとちゃんと見えるようになります。


⑦ M4Layer(オーバーレイ)を読み込む
M4Layerの、モード:オーバーレイに変更したものを読み込んでみましょう。

sd解説8

こんな感じになります。ちょっと色が濃くなりました。
ちなみにオーバーレイの効果ですが、コントラストが強くなって、ちょっと鮮やかになり、重ねた画像が色移りするイメージで使っています。


⑧ M4Layerで描画するスカイドームを選ぶ
現在は、M4Layerを読み込む前の画面が、M4Layerを読み込む前の画面にそのままオーバーレイされている状態です。

sd解説8_text

これをちょっと変更してみましょう。ベースの青空を見せないといけませんから。
右上端の「MMEffect」を開きます。こんな画面が出ます。

sd解説5_text

LayerRTのタブをクリック。

sd解説6_text

ここにチェックの入ってるxファイルが、このLayerで描画されているものということになります。
いまは3つともチェックが入っている状態ですね。ここで「天使の階梯.x」のチェックを外してみます。

sd解説7_text

すると画面が…

sd解説9

こうなりました。
「天使の階梯.x」のチェックが外れ、青空スカイドームと星空の2つがオーバーレイで描画されている状態です。

sd解説9_text

また、ちょっと効果が強すぎる気がするのでエフェクトの強さ(透明度)を調節。ちょっと薄くします。

M4Layerの効果の強さは、SiとTrで変更できます。
どちらも値が大きければ強く、小さければ弱くなります(ただしTrは1.0~-1.0までの値しか入力できません)。

Trの欄に0.6と入力し、登録。

sd解説10

効果が弱くなりました。


⑨ M4Layerを読み込む(2回目)
次はモード:覆い焼きのM4Layerを読み込みましょう。こうなります。

sd解説11

良い感じですね!これで完成です!
読み込んでそのままいい感じだったら、タブのチェックは外さないこともあります。

効果だけ強めてみましょう。Si値を1.8に。

sd解説12

ちなみに覆い焼きの効果は、明るい部分をより明るくするみたいな感じです。



こんな感じで、

  スカイドームを読み込む
  →描画順・サイズを調整する
  →M4Layerを読み込む
  →Layerタブのチェックを外して描画するスカイドームを選ぶ
  →効果の強さを調節する
  →気に入らないところがあれば、やり直す

という作業を繰り返し、空を作っていきます。

説明では最初から手順を決めて手際よく進めていますが、実際はM4Layerのモードを変えたりスカイドームを変えたりチェックを外したり入れたりTr値を変えたりしながら、理想の空を目指しています。


(以下、近日公開予定です)
⑩ Aviutlで色調補正
⑪ ちょっと困ることとごり押しで解決する方法

ほかに分からないこと、困っていること、質問がありましたらこの記事のコメントにお寄せください。
できる限りお答えして記事にまとめようと思います。



スポンサーサイト

カテゴリー:スカイドーム合成

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。