FC2ブログ

OFuTon Blog

MMD動画についてお話しようかなと思って

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

I LOVE YOU FOREVER


ミュージカルヘタリアの二次創作です。


いかに愛しているのか、どんなところが好きなのか、それをひとつの動画に詰めました。
BS_D1-5
だから見て頂ければきっと伝わると思います。
そう言えるだけの動画にできたと、胸を張って言えます!!

ミュージカルを愛した方はもちろん、ミュージカルを見ていない方も、ぜひ一度見てください。
そしてDVDとBlu-ray買いましょう!はるまちが超かわいいのでおすすめです!
BS_A1-7
↑↑かわいいはるまちの一例↑↑↑

続きからいろいろ裏話しますが、ネタバレなのでぜひ動画を見てからお読みください。



SW終わった頃から何か作ってみたいとは思っていたのですが、いかんせんモデル改造が大変で…。推しが一番手間掛かるんですよね…しかたないけど…(2016年1月に改造しかけてるモデルがいまでもあります)。
それでもやってしまったのは、最高の曲とモーションに出会ってしまったからです。ヘタミュでできるなと気付いてしまって、いややりたいと思えてしまったので、頑張らせて頂きました。

基本は、全モデルのテクスチャ書き換え+胸の音符と肩の地球追加作業をしました(音符と地球はモデリングしました)。
加えて、初代ドイツは鉄十字モデリング+追加、
アメリカはジャケット胸のライン追加、ネクタイボタン追加、
イギリスは肩周りのポリゴン調整とネクタイUV変更、
中国は袖改造とボタン追加、
ロシアはコートのスリット変更(ポリゴン調整、Joint削除・追加)、袖・背中のライン調整、胸の星調整、マフラーのサイズ感調整、
オーストリアさんは袖部品モデリング+追加、
フィンランドにサンタ帽と襟元の星を追加しています。
あと素手の方は手袋脱がせてたりとか、他にもちょっとずつなにかやってたかも。

では、最初のほうから演出とか小ネタを語ります。


BS_in1BS_in2
ライブで最初に流れた、ネモフィラの花畑をイメージしました。
リバビュで見返したら、印象よりもっと夜でしたね。綺麗だし好きだからこのままで押し通しました。ライブのビジュアルの左半分あたりのイメージ、ということで。
この並びはSW「世界の謎の謎の鍵」+2人です。


タイトル演出
BS_SW_title
ライブの「世界の謎の謎の鍵」のスクリーン映像のイメージで円を描いています。あと鍵。

BS_GW_title
これもライブの「新大陸へ!」のスクリーン映像のイメージ。スクリーン映像のなかではこれがほんとにかっこよくて大好きです。それと、ライブの百年旅ラストで、ステージ両脇から吹き上げられていた砂金。

BS_NW_title
キーアイテム、桜と日記。

BS_AL_title
実は各リリイベの日程もいれたいと思っていたのですが、尺が足りなくて諦めました。
CDのタイトルが良すぎる。always loveって。

BS_WU_title
この原子の形はペンライト見ながら作りました。


Aメロ
BS_A1-1
SWラストシーンのイメージで作っています。
会議室に枢軸3人だけ残って、「空はどこまでも繋がっている」と言うところです。みんなで、会議室にご飯持ち寄って世界会議すればいいなと思って。
会議卓にはヘタミュに関する食べ物・飲み物をいろいろと並べました!
(ボロネーゼ/ピッツァ/青空世界会議のお弁当/ビール/ソーセージ/じゃがいも/一気飲みワイン/肉じゃが/鏡餅/BBQ/おしるこ/ハンバーガー/コーラ/ジャンクフード(フィッシュ&チップス)/紅茶ラーメン/紅茶/シャンパン/たこやき/あんぱん/ピロシキ/ウォッカ/おそば/ヘーゼルナッツを添えたトルテ/トマト料理/たまごかけごはん)

BS_A1-2
こっちはGWラストシーンのイメージです。パリで、雨が降っていて。ついでに港町です。
背景についてですが、エッフェル塔だと思ったら…東京タワーでした~(エッフェル塔モデルがなさそうだったので、色変えてそれっぽく見せました)

BS_A1-3BS_A1-4
粉チーズが降るSWクライマックス。それとライブでの「どこにでもクリスマスはやってくる」
初代と二代目でモデル分けたくて、分けました。どっちもドイツです。
ライブで、穏やかな顔で、みんなの歌声を聞きながら粉チーズのなか座っているドイツさんがすごく印象的でした。SWでパスタを抱えて泣いていた初代に寄り添ってくれているようで。それでこういう落とし込み方をしてみました。
NWのドキュメンタリーで、ヘタミュのことを「繋げてくれた、絆」だと言ってくれたことも印象に残っています。

BS_A1-5
GW、猫渡すところ。
中国さんと歌う日本さんはすっごく優しい顔で笑うんだよなあ…。

BS_A1-6
実はGWの100年レースのイメージです。朝っぽく。

BS_A1-7
ここはNWのOPですかね。ドイツ取り合ってるところでもいいや。
めっちゃかわいい。ふたりでにこにこしてくれるので世界が救われてる。


サビ1
BS_サビ1-1
ネモフィラの花畑・その2。あと「星に願いを」のイメージ。
並びはNWの「約束の木の下で」をアレンジしています。段上にいたゲルマン3人とスペインを、段下のメンバーの間に追加しました。
イタリアちゃんをれいせんで挟む構図はライブの君と僕の物語でもありました。好きです。

BS_サビ1-2
「希望だから」で中国さんを抜くか、ロシアさんか、日本さんかでちょっと迷いました。結局、こういう形になりました。
「星に願いを」で、大阪楽の挨拶で、泣きそうに眉根を寄せながらも笑ってくれる中国さんがほんとうに好きで。優しく笑って、支えてくれる日本さんもほんっとうに良くて。


間奏ソロ
ライブ開幕で流れるスクリーン映像にも、ソロシーンあったので!
順番は特に決めずなんとなくカメラ付けたのですが、ダンス番長の2人には一番かっこいいところでおまかせしました!!
11人で割るのがキツくて、イタリアちゃん抜いても中国さんの引きソロが撮れなくて申し訳ないです(「この星は希望だから」でソロシーン多めだったのでごめんなさいさせて頂きました)。
ここのアップ時の表情は、どれもすごく気に入ってます。特に日→墺の流れが綺麗。

再現シーン
本当はもっといろいろ作りたかったのですが(連合トマト箱アドリブ、アルマダ、タッグマッチ、塹壕戦、パリ砲、肉じゃが、夜明けのカオス、ダンスバトル、オーストリアさん伴奏による俺様日記回し読み、ホームパーティ、イタリアとフランスのプレゼントアドリブetc)、尺が足りなくて厳選しました。出番のバランスとか諸々を考えつつ……。
どのシーンも、今回作れなかったシーンも、大好きで愛おしいです。

(1)中国さんとパンダ
BS_C-パンダ
特に元となるシーンはないのですが、本編中やバクステでよくパンダさんと戯れている様子が印象的だったので。

(2)島国ロック
BS_C-島国1BS_C-島国2
SWの「Break Out Reality」、どちらかというとライブのほうのイメージです。
初日公演、あまりのかっこよさに打ちのめされてしまった思い出。
他のシーンでは島国をセットにできなかったので、少し尺を取ってでも絶対にいれたかったシーンでした。

(3)ギャグ
BS_C-ギャグ
これはNWの……。
こういうイメージですね。一生懸命おはなししてくれるおきろしちゃんかわいい。
「アフリカ大陸の中心」ということでサバンナ連れて行こうかと思ったのですが、ステージ配置が面倒で日本さんちのお庭になりました。

(4)麦茶
BS_C-麦茶
NW、「プロイセンの歌」の前のところ。
チャリとバイクがやりたくて。
兄弟は俺様日記回し読みのところもいれたかったのですが、このシーン前後も、兄弟らしさが出ててすごく好きなんです。
不器用な男兄弟感というか。かっこよくて頼りになる姿を見せたいお兄ちゃんと、恥ずかしくて真っ向から向き合えない弟みたいな
その兄弟が最後には心を通わせるっていう話が見られるのでNWは最高だと思います。

(5)サングラス
BS_C-サングラス
ぱやぱや~
良い師弟だなって思います。リアルにツンデレ発動してて愛おしいな。

(6)トマト祭り
BS_C-トマト祭り
8月だ!トマト祭りだ!!
このイタリアちゃんのトマトの持ち方、こだわってます!こんな感じだったはず。
ラップ前のとこで、アメリカ君が木箱抱えてとことこ~ってきてくれて好きだった。

(7)ビストロガノフズ
BS_C-ビストロガノフズBS_C-ケチャップソーセージ
イギリスとアメリカの物語でこの立ち位置に来るこのふたりが最高って話を100回したい。
お兄さんとろしあちゃんが仲良しでにこにこする。大好きです。
手前にはケチャップソーセージ!

(8)下手へ
BS_C-下手へ
捌け芸めっちゃ好きなのでいれました!方向音痴設定が自然に回収されてて天才だと思う。

(9)あと鐘
BS_C-あと鐘
これがヘタリアだ~~~~~って感じ…………。ライブでものすごく楽しかった一曲でした。
ドレスの裾をかきあげて、ブーツと赤ズボンのままの下半身がチラ見えするのも好きだった。

(10)傘
BS_C-傘
初演を見に行って、「ヘタリアのミュージカルだ」と強く感じた1シーンです。
ドイツとイタリアのイラストそのままだった。
だからここも絶対にいれたかった。

(11)一緒だったら
BS_C-一緒だったら
「傘」と対比するシーンとしていれたかったところ。
まもなく星の瞬く夜になる、日が落ちる直前の廃墟でのイメージがあります。
NW見るたび必ず泣く。

(12)クリスマス
BS_C-クリスマス
フィンランドも絶対に出したかった。
襟にはブルズの星をつけさせて頂きました。

(13)これからはずっと
BS_C-これからはずっと
ここだけ衣装なしの役者さんの写真参考なんですけど…。
各々が好きなものを持ち帰ったみたいで、このふたりを手に取ってくれた彼に感謝したくて。

(14)猫
BS_C-猫
ここのイタリアちゃんの行動について、いろいろな場所で語られていますけど、
悩んで苦しんでいろいろ考えて、ああしようと思った、その物語を、ヘタミュを舞台として繰り広げてくれたことが嬉しい。
その過程を見せてくれたことも嬉しかった。
ここの3人のシーンは大好きなシーンのひとつです。

(15)お友達
BS_C-お友達
初演行ってあまりにもろしあちゃんがかわいかった衝撃。

(16)消臭力
BS_C-消臭力
美声の有効活用…?

(17)世界会議
BS_C-世界会議
ここから始まったんだなあ。
初めてヘタリアのミュージカルに行って、幕が上がった瞬間の景色が忘れられません。
もっとスモーク焚かれててオレンジがかってた。

(18)背中
BS_C-背中
ライブでの「プロイセンVS世界」がしぬほどかっこよくて眩暈した。
NWではそこまでの迫力って感じられなかったので、びっくりしたし感動もしました。

(19)ぐるぐる
BS_C-ぐるぐる
宗教上の理由で、いたろしあちゃんには陽だまりのなか笑っていてもらわないといけないのです。
ライブの最後の挨拶で、長江くんがおっきーさんにああいう言葉を掛けられる場があって、それを聞ける機会があってよかったなあ。

(20)OP
BS_C-OP
推しなので絶対にいれたかった。天才だと思う。

(21)おかえり
BS_C-おかえり
当時は「あめりかくんといぎりすくんの兄弟愛、いいな~!」くらいしか思えなかったのですが、最近になって演劇のおもしろさを理解しはじめたようで、あの2人がアメリカとイギリスとして兄弟愛劇を繰り広げて「おかえり」に到達する過程にめちゃくちゃエモさを感じて泣いてます。大好きです。
この状態で、初見で公演入りたかったなあ……。それができた人が羨ましいし、この次の機会があれば絶対に逃したくないなと思ってます。

(22)また花が咲くそのときまで
BS_C-また花が咲くそのときまで
NWのドキュメンタリー、ラストを見ながら。
このシーンのためだけにエフェクト改造したり、本のテクスチャ書いたり、床部分のステージ作ったり、頑張りました。

(23)FINAL_LIVE
BS_C-FINAL_LIVE
立ち位置は弄ってます。光のバランスは結構よく再現できたかなあ。
好きです。

この瞬間 この場所は
BS_D1-1
この一連のシーンは、この動画で一番作りたかったシーンのひとつです。
このシーンがこの動画を作る意味です。

もう2度と来ないから
BS_D1-3
その一瞬がもう2度と来ない時間であることは、キャストも見に行っていたお客さんもみんな分かっていたこと、だったと思います。
だからこそあんなにかけがえのなくて、キラキラ光る宝物のような時間になりました。

ココロをひとつに
BS_D1-4
Documentary of GWのラストをイメージしました。座り込んでるイギリスさんがヒントですね。
東京楽後の映像だと思うのですが、長江くんがカメラに「行ってきます!」と声を掛けて、皆が集まっているところまで走っていくやつ。
あれが好きで好きで…。見るたびに胸が熱くなります。
イタリアがみんな集まっている場所へ駆けて行く、咲き誇った桜の木の下でみんなが座長を迎えてくれる、あのシーンこそが、「ヘタミュ」そのものだなと思っています。なんてあたたかくて眩しい世界なんだろうか。
そのイメージを共有したいと思って、動画に、このシーンを作らせて頂きました。
桜はイメージを強化するため+次のシーンに繋げるためのオプションです!


BS_サビ2-1
約束の木の下で。
ここはNWビジュアルの並びです。
いつか花が咲くその時に、青空の下にみんな集まれたらいいですね。

BS_サビ2-2
青空の下、ビールで乾杯する夢が現実になればいいと。
SWでもNWでも、夢を見て、劇中では現実としては描かれなかったシーンなんですよね。みんなで乾杯。
きっと叶うよ。


百年旅
BS_サビ3-2BS_サビ3-1
ライブの百年旅です。
「船なんだ、この大きな船に乗せてもらってるんだ」と気付いたときに胸が震えるほど感動して、
この世界が終わっても大海原を突き進んでいくみんなが輝いて見えて、
このシーンは絶対に作りたいなと思いました。
配置は大阪最終公演ですね…。後ろに極東兄弟とアルマダが並んで見守ってくれて、アメリカが中心で歌ってる姿が大好きなのでそうしました。


BS_原子-1
ミュのイタリアちゃんって、ちょっと「うらめしい」(と言っていいのか)表情をたまにして、それがよく似合うなあと思って…それを意識して作ってみました。
大阪最終公演で、挨拶中にふらっと立ち上がったロシアさんを見てた表情とかがそれです。すごい似合うし超かわいいと思う。


BS_原子-4
僕たちみんな、原子だから。
ひとりじゃない。いまもずっと一緒に生きていると思っていますし、
「私がそう思っている」ということを伝えられたら、と思っています。

幕張のあの光景です。みんなに見せてあげることができて本当によかった。

BS_原子-5


BS_原子-6
原子のスクリーン映像がインスピレーション元です。
このあたりも、この動画でどうしてもやりたかったシーンなのですが、
語るよりも動画を見て頂くだけで伝えられるような気がします。

きっと僕たち全員が、「ヘタリア」を構成する愛の原子なんです。

BS_原子-7
永遠に忘れません。
私のヘタミュへの想いを、この動画に置いてきたなと感じています。

スポンサーサイト

カテゴリー:動画

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。